仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の特徴とメリット、口座開設方法を徹底解説!

ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインを取引所形式で手に入れることができることが特徴のbitbank(ビットバンク)。

リップルの取引量が世界一になった事も注目される要因の一つです。

今後ますます利用者が増える事で取引が活発になることが期待されるビットバンクの特徴やメリットを徹底開設します!

目次

bitbank(ビットバンク)とは?どんな特徴を持っているか

bitbank(ビットバンク)の取扱銘柄

bitbank(ビットバンク)の取扱銘柄はどのようなものがあるのでしょうか。以下よりbitbankの取り扱う仮想通貨と、最低、最高注文量を紹介します。


BTC/ビットコイン 
最低発注数量:0.0001BTC 最大発注数量:100BTC 
 
XRP/リップル
最低発注数量:0.0001XRP 最大発注数量:100,000XRP

LTC/ライトコイン
最低発注数量:0.0001LTC 最大発注数量:1,000LTC

ETH/イーサリアム
最低発注数量:0.0001ETH 最大発注数量:1,000ETH 
 
MONA/モナコイン
最低発注数量:0.0001MONA 最大発注数量:100,000MONA 

BCC/ビットコインキャッシュ
最低発注数量:0.0001BCC 最大発注数量:1,000BCC 

bitbank(ビットバンク)は取引所か販売所か

bitbankは「仮想通貨取引所」です。取引所と販売所の違いとはどのようなものなのでしょうか。

取引所と販売所の違い

取引所と言われるサービスは「ユーザー同士で仮想通貨を交換し合う」ための機能です。自分の希望値でコインを買えるメリットはありますが、取引に時間がかかる可能性があるというデメリットもあります。

逆に販売所は、希望の値ではないがコインを販売業者の決めた価格ですぐに買える機能です。取引所と販売所にはそれぞれメリットデメリットがあり、タイミングなどにより使い分けることができます。

bitbank(ビットバンク)では「成行注文」と「指値注文」が可能

希望値でコインが買える点が取引所のメリットですが、逆に時間がかかってしまうというデメリットもあります。しかしbitbankでは「成行注文」がそのデメリットを解消し、販売所と同等にスピーディーにコインを買うことが出来ます。

さらに「指値注文」も出来るため、取引所ならではの希望値で買える注文も出せます。この様に2通りの買い方があるため、それぞれの特性を生かした注文が可能です。


成行注文とは
銘柄と数量だけを指定しコインを売買する方法。価格は注文を出した際に最も条件の良い相手と成立することとなり、想定以上に値が動いている場合があるのでご注意ください。

指値注文とは
価格を指定してコイン売買をする方法。すべて自分の指定価格で売買できますが、逆に指定した価格でないと注文が成立しないため売買のチャンスを逃す事も考えられます。

bitbank(ビットバンク)でFX取引は出来るのか?

bitbankではビットコインFX(最大レバレッジ20倍)が可能です。レバレッジ 取引とは、元手以上の取引を行うことができる取引方法です。

また厳密に言うとbitbankではFX取引を行ってないのですが、bitbankが運営しているbitbak TradeでFXの取引が出来ます。ですので、FX取引をおこないたい人はbitbak Tradeへの登録も必要です。bitbakとbitbak Trade間のコインの移動も可能なので是非どちらも登録しておいた方が良いです。

bitbank(ビットバンク)のサービス開始時期は?

2017年3月よりサービスを開始。
2017年9月29日に仮想通貨交換業者としてbitbankは金融庁の許可と登録を得ています。

bitbank(ビットバンク)と他の取引所比較(手数料など)

全ペアの売買手数料が無料

bitbankではメイカーとテイカー共に全ペアの売買手数料が無料となっています。キャンペーン期間は2018年9月30日までとなっており期間限定です。手数料無料キャンペーンは度々延長されますが、いつ終了してしまうか分からないので今がチャンス。

他の取引所に比べても手数料はトップレベルでの安さとなっています(2018年9月時点)。


メイカーとは
取引板に新たに注文を作ることを言います。

テイカーとは
取引板にある価格をそのまま注文することを言い、成行注文もテイカーのひとつとなります。

見やすいチャート

bitbankでは仮想通貨の価格の動きが記されたチャートが他の取引所に比べシンプルで見やすく、かつ高度なテクニカル分析にも対応している総合力の高さが評判です。パソコンで見やすい事はもちろんですが、bitbankの場合は携帯アプリでもチャート画面が大きく見やすくなっています。

アルトコインが取引形式で買える。特に人気のあるXRPも指値で買えるメリット

ビットコイン以外の仮想通貨を意味するアルトコインが取引形式で買える点は、bitbankの大きな特徴です。国内のほとんどの取引所は販売所形式にてアルトコインを買う事になりますが、bitbankの場合は取引形式で買えます。取引形式で買える事の最大のメリットは安価でコインを購入できる可能性がある事です。

ニュースメディアも運営している(BTCN)

bitbankでは自社でニュースメディアを運営しています。ビットコインや仮想通貨に関するニュースの速報から各コインのマーケット情報、技術的な情報まで非常に役にたつ情報が満載です。このBTCNを使いながら取引の情報収集に役立ててください。

bitbank(ビットバンク)の出来高が世界35位に

ビットバンクの24時間の出来高(売買が成立したコインの数)は世界ランキングで35位と比較的順位の高い取引所となっています。

総額約約58.8億円となっており、内訳はXRP/JPY・BTC/JPY・ETH/JPYの順番でなんとXRP(リップル)の取引が36.6億円以上と全取引の62%と非常に高い割合を占めている事が分かります。

bitbank(ビットバンク)のメリットと他サービスとの違い

bitbankを使う上でのメリットと他サービスの違いを解説していきます。

レバレッジ倍率(bitbank trade)

少ない元手で大きな額の取引ができる、レバレッジの倍率について比較していきます。

bitbank Tradeのレバレッジは最大20倍となっています。GMOコインの10倍、BITPOINTの25倍、bitFlyerの15倍、Zaifの7.77倍と比較すると、最大レバレッジはやや高めです。

アプリに関して

2018年4月よりリリースされたbitbankのアプリは使いやすいと非常に評判が高く、パソコンで開くチャート画面とほとんど同じ仕様となっています。bitbankのアプリの最大のメリットは、アプリでありながら取引や価格の実績から今後の価格変動の分析をおこなうテクニカル分析を可能にしている点です。

セキュリティ対策

大きくニュースで取り上げられた仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)における仮想通貨、NEM(ネム)の大量流出事件のこともあり、国内の取引所においてもセキュリティ面の強化は急務となっています。

bitbankにおいてのセキュリティ面は他の国内大手の取引所と比べて全く遜色ないレベルです。bitbankではコールドウォレット、二段階認証、マルチシグネチャ導入、 SSL導流とセキュリティ面の強化にも力を入れています。


コールドウォレットとは
インターネットと完全に切り離されたオフライン状態のウォレットでありハッキングや不正アクセスの対策に効果的です。

二段階認証とは
通常のIDとパスワードに加えセキュリティコードを用いて2段階にてセキュリティ認証を行う仕組みです。2段階認証にする事で安全に対する大きなメリットがあります。

マルチシグネチャとは
「Multi(複数)Signature(署名)」と読み、その名の通り複数の署名(鍵)を用いるアドレス技術です。複数の署名(鍵)がないと送金が不可能なため、シングルシグネチャに比べ高いセキュリティ強化に繋がります。

SSLとは
通信データを暗号化し外部からのデータ改ざんや不正チェックを防ぎます。SSL技術がある事で安全な通信を行う事が出来ます。

サポート体制

bitbankでは専用フォームにて24時間365日受付の問い合わせが可能。またサイト上にて詳しい内容のFAQも設置されておりとても便利な機能です。

◆キャンペーン情報

2018年8月31日現在ではリップル出来高ランキングキャンペーンが開催されています。bitbankでは多くのキャンペーンが開催されておりますのでキャンペーン情報は要チェックです。

bitbankのニュース(フォーカスされやすいデメリットや評判)

bitbankの扱うXRP(リップル)の取引量が世界一となった

XRP(リップル)はビットコインとイーサリアムに続いて時価総額ランキングでも3位に位置するなど常に人気を集めているコインのひとつです。そのXRPの取引量が世界一となったbitbankは今後さらに世界的にも注目を集める取引所となっています。(2018年9月時点)

bitbankの数少ないデメリット

bitbankは中級者以上向けの取引所であり、投資自体が初めてという初心者には扱い辛いという意見があります。

bitbankは販売所ではなく取引所ですので、購入までの進行が販売所に比べ分かり辛いという点が主な理由のようです。

また取引量が圧倒的では無いため、価格差が開きやすいというデメリットも注視されます。しかし、数少ないデメリットを見ても有効なメリットがそれを上回っているとも言えます。今後さらに取引量が増えユーザーが増える事で、こうしたデメリットも無くなるかもしれません。

bitbankの口座開設方法

bitbankの口座開設は他の取引所同様に非常に簡単です。
本人情報の入力に約5分、本人確認書の承認に数十分から数時間、住所確認の到着に混雑状況により所要時間の前後が考えられますが、基本的には2~3営業日。

合計で約3日間で取引開始可能です。手順は以下の通りです。



⒈メールアドレスの登録とパスワードの設定

ご自身のメールアドレスと推測されにくいパスワードを設定してください。


⒉基本登録情報の設定

氏名・住所・生年月日・取引目的・職業・ご自身の銀行講座を設定してください。どれも間違いなく記入しないと先へ進む事が出来ません。


⒊はがきによる本人確認

運転免許所やパスポートで本人確認が完了されますと、⒈で登録した住所へbitbankより住所確認用のはがきが郵送されます。届いたはがきに記載してある暗証番号にて最終の本人確認が完了となりますので、必ずはがきを受け取ってください。


⒋二段階認証の設定

二段階認証とはセキュリティ面の強化につながる重要な設定です。通常のIDとパスワードに加え、ご自身の携帯電話番号を用いてSNS認証を行います。不正アクセス等の防止になるので必ず設定したほうが良いでしょう。

まとめ

bitbankは国内大手の取引所同様に高いセキュリティ面を持ち、取扱銘柄や取引形式においてもbitbankでしか実感できないメリットを幾つも持っています。XRPの取引量が世界一となった事を受け期待感も高まっています。

今後とさらにユーザーが増え取引量が拡大していく事で、ユーザーの取引がしやすい環境がさらに整えられることがことが期待されています。