仮想通貨ウォレット?仮想通貨の安全な保管方法とは?

仮想通貨の運用を始めるにあたり、ハッキングやウィルス感染で持っている仮想通貨が消失してしまうというリスクが心配になりますよね。

今回は、仮想通貨を安全に保管できるウォレットにはどのような種類があるのか解説します。

目次

仮想通貨ウォレット、安全な保管方法とは?

仮想通貨の運用を始めたばかり、もしくは始めようかと考えているときには、ハッキングやウィルス感染で持っている仮想通貨が消失してしまうというリスクが心配になりますよね。


円やドルのような法定通貨とは違い、仮想通貨には物理的な実体がありませんので、どのように保管すれば安全なのか直感的には分かりにくいものです。


とりあえず仮想通貨取引所に登録して取引をしてみたという人は、購入した仮想通貨を取引所に預けたままにしているという状況が多いはずです。

しかし保有する仮想通貨の金額が大きい場合には、取引所に置いたままにするのではなく自分で資産を守ることが大切になります。


今回は、仮想通貨を安全に保管できるウォレットにはどのような種類があるのかを解説します。

仮想通貨の保管場所、どこが安全?

仮想通貨においてのウォレットとは、その名のとおり保有している自分の仮想通貨を預けておく場所のことです。

仮想通貨には実体がなくデータとして存在しています

その性質上インターネットでアクセスできる場所で管理していると、不正にアクセスした他人に勝手に送金されてしまう(盗まれてしまう)というリスクがどうしても発生します。


取引所で入手した仮想通貨の保管方法として、多くの方は取引所に預けたままにしておくというケースがあるようです。

しかし、取引所での仮想通貨の管理が完全に安全とは言い切れません

より安全なウォレットとしてインターネットに接続しないハードウェアウォレットやペーパーウォレットなどもあります。


仮想通貨を保有する量が多い人は、より安全に保管できるように、取引所のウォレットから自分で準備したウォレットに仮想通貨を移動しておくのがおすすめです。

取引所に預けておくリスクとは?

持っている仮想通貨を取引所に預けた状態では、その取引所がハッキング被害に遭ってしまい、保有している仮想通貨が消失してしまうというリスクがあります。

過去に起こったハッキング事件としては、大量のビットコインが流出したマウントゴックス事件や、仮想通貨ネムが流出したCoincheck社(コインチェック)の事件が有名です。


大手の取引所はたくさんのユーザーが利用していますので、取引所が管理する顧客資産の金額は大きくなります。

そのため、ハッカーの標的になりやすいというデメリットがあります。


その他にも、取引所に預けたままにしておくと、その取引所が倒産したときに資産が引き出せなくなるというリスクもあります。

大手企業が運営している取引所でも絶対に安全ということは言い切れません。

仮想通貨ウォレットの種類は4つ!それぞれの特徴とは

ごく少額しか仮想通貨を持っていないならば、それほど気にする必要はないかもしれません。

しかし、保有する仮想通貨の量が多くなると、保管方法にも十分に気をつける必要があります。

そこで、ハッキングのリスクのある取引所のウォレットから、自分で用意したより安全なウォレットに仮想通貨を移動する事が有効な対策となります。

仮想通貨のウォレット管理は、ウォレットの管理へ移行する手間と保有する仮想通貨の額を比較して決めればよいかもしれません。


仮想通貨を保管するためのウォレットには4つの種類があります。


・ウェブウォレット(オンラインウォレット)
・デスクトップウォレット(ソフトウェアウォレット)
・ハードウェアウォレット
・ペーパーウォレット


それぞれの仕組みや安全性などの特徴や、メリット・デメリットを解説します。

ウェブ(オンライン)ウォレットの特徴とメリット・デメリット

4つ種類があるウォレットの中で、最も気軽に使えるのがウェブウォレットです。

インターネットのブラウザ上で動作するウェブサービスで、IDとパスワードを決めて簡単な無料登録を行い、保有する仮想通貨を預けることができます。


代表的なウェブウォレットとしては、日本語で利用できてビットコインを預けられる「Blockchain.info」が人気です。


デメリットは、インターネットに接続された状態で使うホットウォレットであることです。

サイトの運営者に管理を任せているという状況で、ウィルスやハッキングによる対策はされているものの、ネットに繋がっているため完全に安全とは言い切れません。


また、よく似たサイトページを作成する、送信元を偽ったメールを送るなどして、ログイン情報などの個人情報を盗む、フィッシング詐欺の被害に遭う可能性もあります。

そういった被害により、公開をするべきではない秘密鍵と呼ばれる情報を盗まれてしまことで、預けていた仮想通貨を全て失ってしまったというケースもあるようです。

デスクトップ(ソフトウェア)ウォレットの特徴とメリット・デメリット

デスクトップウォレットとは、パソコンにウォレットとして機能するソフトウェアをインストールして、そこに仮想通貨を保管するというものです。

インターネットに接続しなくても動作しますので、ウェブウォレットよりも比較的安全性が高いのがメリットです。


ビットコイン向けのデスクトップウォレットとして有名なものは、パソコンにブロックチェーンごとダウンロードする「 bitcoin.org」があります。

イーサリアムを保管するデスクトップウォレットとしては「 MyEtherWallet」があります。


デスクトップウォレットもウェブウォレットと同様に、ソフトをインストールしたパソコンがインターネットに接続された時は、インターネットに接続された状態で使うため、ウィルスやハッキングの被害を完全に防げるというわけではないというデメリットがあります。

しかし、デスクトップウォレット専用のPCを1台作って、送金するとき以外はインターネットから完全に遮断することでコールドウォレットのように使うこともできます。


不要なPCが余っていて、普段は完全オフラインにできるなら安全性は高まります。

ハードウェアウォレットの特徴とメリット・デメリット

ハードウェアウォレットとは、手のひらサイズのデバイスに仮想通貨の秘密鍵を保管できるウォレットです。

仮想通貨を送金するときはパソコンのUSB端子に接続して使用して、使い終わったらパソコンから取り外しますので、ハッキングやウィルス感染のリスクを大幅に軽減することができます。


人気のハードウェアウォレットとしては、「 Trezor(トレザー)」「 Ledger(レジャー)」が有名です。

いずれも約1万円程度で日本の正規代理店が販売しています。


アマゾンなどのECサイトでも販売されていることがありますが、悪質な業者がハードウェアウォレットにウイルスを仕込んでいて、利用すると仮想通貨が抜き取られてしまうというケースもあるようです。

購入する場合は、必ず正規代理店からした方がよさそうです


ハードウェアウォレットのデメリットは、ウォレット本体の購入費用がかかる点です。

保管する仮想通貨の金額が小さい人は、ウォレットの方が高いということになることもあります。保管する仮想通貨の量が多い人におすすめです。

ペーパーウォレットの特徴とメリット・デメリット

仮想通貨を保管する方法として最も安全性が高いとされているのがペーパーウォレットです。


ペーパーウォレットは、その名の通り紙に印刷して保管する仕組みになっています。

現金の紙幣と同じようなものですので、ハッキングやウィルス感染のリスクはまったくありません。

大量の仮想通貨を長期的に保有する場合はペーパーウォレットに保管して金庫などにしまっておくとよいでしょう。

インターネットから完全に遮断されますので、コールドウォレットと呼ばれることもあります。


デメリットは、秘密鍵を記した紙を紛失したり、汚損したりするリスクがあるという点です。

たとえば、もしペーパーウォレットを保管している場所で火事が発生してしまうと、保管していた仮想通貨も消失してしまうということになります。

まとめ

2018年1月のCoincheck社(コインチェック)の事件がきっかけで仮想通貨のウォレットが今まで以上に注目されるようになっています。

取引所に預けたままにするのはリスクがありますので、自分の資産は自分のウォレットで保管することをおすすめします。


ウォレットには大きく分けてウェブウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットの4種類があります。

それぞれメリットやデメリットがありますので、特徴を理解した上で自分に合ったウォレットを選びましょう。

可能ならば複数のウォレットに分散して保管することで、さらに安全性を高めることができます。